2020-07-24

●『MIU404』、第五話。地上波のゴールデンタイムで、人気俳優主演のドラマで、社会派としてここまで踏み込むのは、普通にすごいと思った。「夢の島」というタイトルもそうとう毒が効いてるし、「外国人は日本に来るな」という言葉をネトウヨとは反転させた意味で使っているのも毒が効いている。

『アンナチュラル』にしても『MIU404』にしても、社会的な主題を扱うフィクションとしての形式は、神山版「攻殻」から来ているのではないかと思った。国家的で、大きな権力をもつ組織のなかで、大勢に逆らって、でしゃばるというか、差し出た(と、周囲から見られなねない)行動をとっている人物がリーダーとなってつくられた組織があって(リーダーにはその動機と矜恃がある)、その組織はいわば体制内アウトローなので、敵と戦う(事件を解明する)と同時に、組織内の諸勢力との緊張関係が常に生じている(組織内に面白く思っていない勢力が多数ある)、という形式。一話完結形式から話が徐々に大きくひろがっていく、という点も共通している。神山版「攻殻」のアラマキに当たるのが、『アンナチュラル』では松重豊で、『MIU404』では麻生久美子になるし、草薙素子は、石原さとみ星野源(重大なスティグマ-トラウマをもつ)、バトーが、井浦新綾野剛(橋本じゅんの方がバトー感はあるが、そして岡田健史はトグサか)、公安九課に当たるのが、UDOラボであったり、第四機操であったりする。

そしておそらく、それ(公安九課、UDOラボ、第四機操)はTBSという大きな組織のなかでの、新井順子プロデューサーのチームでもある、という自負もあるのではないか。

(綾野剛が、本人がまったく無自覚なままで事件の本質に近いところを掴んでしまっている、ということが複線となっている、という形式が面白い。今回は伊達眼鏡とか。)

2020-07-23

●『美味しんぼ』(森﨑東)。ここで森﨑東は、原作や製作陣を尊重して、抑制的に演出に専念したという感じだろうか。(『喜劇 特出しヒモ天国』のような圧倒的な猥雑さや『街の灯』のような難解さはないが)原作モノの映画化という意味で、とても見事な作品だと思った。

前半は、原作のフォーマットに従った、メディア上での派手な「料理対決」でみせていき、後半になって、家族の記憶にもとずく、よりプライベートな場での地味な「料理対決」が主軸になる(煮豆)。この、前半から後半への転換のキーとなるのが、(おそらく原作には登場しないと思われる) 遠山景織子だ。彼女は、佐藤浩市と兄妹同前に育てられたが、実は孤児である。三國連太郎佐藤浩市の父子の対立(確執)が、出版社が主催する新聞社対抗の対決という形であらわれる前半から、三國連太郎からも佐藤浩市からも、等しく親しい位置にある(どちらに対しても再帰的家族である)遠山景織子を媒介とした対決へと移行し、結果として、その移行によって父と子の和解が成立するという展開が、この映画に森﨑東がつけた徴だろうか。

(ただ、羽田美智子のキャラを魅力的にみせるシーンが一つでもあれば、と思った。)

2020-07-22

●『街の灯』(森﨑東)。面白かったけど、これは難しい映画だと思った。どの場面も面白いのだが、一本の映画としてのつかみ所がよくわからない。やたらとガチャガチャした映画で、そのガチャガチャ具合だけを見ると『金田一耕助の冒険』(大林宣彦)くらいガチャガチャしている。だがそれは、大林の映画に似ているということではない。

冒頭のクレジットの部分、堺正章財津一郎を背負って走っているところで、コマ落としとストップモーションを組み合わせた(まるでゴダールみたい、と言ってもいいかもしれない)不思議なリズムの運動をつくりだしている。これがクレジットタイトル部分だけの意匠ではなく、全編にわたって、走ったりするアクションの場面でコマ落としが頻繁に使われていて、不自然な時間感覚を生じさせる。

この映画の主要なエピソードの一つに、笠智衆栗田ひろみ堺正章の三人(+子供が二人)が、東京から九州(筑豊)まで歩いていくというものがある。しかしこの東京から筑豊までの過程には、大船観音のエピソード、フランキー堺研ナオコの夫婦のエピソード、女子プロレス団体とのエピソードの三つのエピソードしか差し挟まれないで、それ以外では、堺正章の歌を背景にして、岡山・広島・岩国・柳井などの地名が示され、短い風景カットがパパッと重ねられるだけだ。つまり「九州まで歩く」という物語内容と、短いエピソードと短いカットを重ねるだけで、コマ落としのようにパパッと九州に着いてしまう映画の形式とがかみ合っていない。この、かみ合っていない不自然な時間感覚と、アクションの場面で多用されるコマ落としとは関係があるように思う。

(ウザいくらいに動き回り喋りまくる堺正章の演技もまた、この不自然なリズムと同調しているようにみえる。)

●物語の軸の一つとして、疑似家族があると言える。吉田日出子財津一郎堺正章の三人は、姉ちゃん、兄ちゃんと呼び合い、兄弟のように暮らすが、実は三人とも孤児だ。そして、孤児であった吉田日出子は、多くの孤児を引き受け育てている。さらに、歩いて九州へ向かう笠智衆栗田ひろみ堺正章は、その過程で二人の孤児を引き取り行動を共にして、家族のようなものを形成する(栗田ひろみは、笠智衆の妻であり、堺正章の妻でもある)。

出自としてある自然な家族ではなく、事後的、人工的な関係-接続によって生まれる擬似的(再帰的)な家族関係が主題であることと、コマ落とし的な不自然な時間のモンタージュがなされていることとは、関係があるように思われる。

●三人が九州までやってきた理由であり、普通ならばこの物語のクライマックスを構成するはずの、笠智衆鈴木光枝三木のり平との五十年来の因縁は、びっくりするほどあっさりと片付けられる。鈴木光枝など、五十年年来の因縁で争う笠智衆三木のり平に背を向け、「五十年も溜まった男のヒステリーだ」とにべもなく言って無関心であるかのようにフレームアウトする(笠智衆のための食事を重箱に詰めながら、というところに余韻が込められてはいるが)。あらゆるエピソードが、過剰に盛り上げられることなく、感傷的になることなく、あっさりと処理され、次々と走り去っていく。

●そして、終盤の展開が驚くべきものだ。出自としての故郷、家族からリジェクトされた笠智衆は、銀行強盗で得た資金を持って、ブラジルに再出発しようとする。この再出発には、孤児である堺正章や記憶をなくしたことでそれ以前の人間関係を失った栗田ひろみたちとで形成された疑似(再帰的)家族も含まれているだろう。終盤の展開は、この再出発、再帰的家族が崩壊していく過程が描かれる。特に痛ましいのは、記憶が戻ることで再帰的家族から離脱せざるを得なくなり、しかし自らの意思で再帰的家族に再び合流し直そうとして死んでしまう栗田ひろみだ。

その一方で、吉田日出子財津一郎による再帰的家族は存続し、ますます多くの孤児たちと共にある。そして、彼らの元に幽霊となった栗田ひろみが降臨する。

2020-07-21

●『喜劇 特出しヒモ天国』(森﨑東)。これは文句なくすばらしい。80分弱のなかに様々なものがこれでもかという感じでぎっしり詰め込まれている。そして、このとんでもない密度の濃さのなかでもくっきりと際立つのが芹明香藤原釜足一家が火事で亡くなった葬儀の場で芹明香がふいに歌い出し踊り出す場面には本当に驚いた。こんなダンスシーンがあるのか。そして芹明香の眼。カメラが芹明香の腹から胸、胸から顔へと動いていく。背景で歌われている「黒の舟歌」が「地獄が見えたこともある」という部分にさしかかる。そこに芹明香の空虚そのものを見ているような眼があらわれる。ひたすら続く乱痴気騒ぎであるこの映画をまるごと吸い込んでしまうような、それ自身が空洞である眼。

2020-07-20

●森﨑東が亡くなったことを受けてだと思われるが、森﨑作品でDVDソフト化されていないものを、VHSからアップロードしている人がいて、それで『高校さすらい派』という映画を観た。はじめの方をちらっと観てみるくらいのつもりだったのだが、引き込まれて最後まで観てしまった。

東大安田講堂の事件(1969年)とあさま山荘事件(1972年)の間の1970年につくられたいわゆる学園紛争モノと言えるのだけど、旧制高校風のマントを羽織った少年院上がりの森田健作が、編入した高校で生徒たちの闘争を引っ張っていくという、かなりミスマッチな設定。ホモソーシャル的なバンカラモノの要素-定型と、進歩派左翼的な闘争モノの要素-定型という、食い合わせの悪い(そして現在からみるとどちらも古くさい)形式が混ざっていることで混乱しているように見えるが、最終的にはそのどちらの定型にも収まらない力が、定型を内側から食い破っているように思われた(圧倒的に、というよりは、かろうじて、という感じだが)。「正直、ちょっとこれは…」と思いながらも、徐々に引き込まれていって、最後まで観たら、面白かったと納得した。

(森田健作からしたら、こんなアカっぽい映画の主演をしたことは黒歴史かもしれない。「おれは男だ!」の森田健作にこういう役を割り振るというのは皮肉が効いていると思ったのだが、「おれは男だ!」がはじまるのは71年からなので、この映画より後だ。)

(70年前後の時期は、たとえばマンガなら赤塚不二夫永井豪ジョージ秋山など、大衆文化のレベルでも「反体制的な空気」は充満していたから、バンカラ+学園紛争という結びつきも、そのような空気から来ているのかもしれない。実際この映画には、ニャロメ風の絵やアシュラ風の絵が出てくるし、シリアスな---ハレンチ抜きの---『ハレンチ学園』という感じもある。)

序盤がバンカラモノで、中盤が集団による学園紛争モノ、そして終盤になると、集団から抜け出して先鋭化した男女三人の関係へと焦点が絞られていく。この映画では、序盤の森田健作と終盤の森田健作とでは同一人物だとは思えないくらいに違っている。映画としては、序盤はちょっとキツい感じで、中盤から終盤にかけて面白くなっていく感じ。終盤になってようやく森﨑東っぽくなる。

(この映画がつくられた1970年に、森﨑東は他にも、『喜劇 男は愛嬌』と『男はつらいよ フーテンの寅』をつくっている。)

2020-07-19

CY8ER、来年一月に武道館ワンマンで解散なのか。来年の一月くらいの時期に、観客を入れての大規模なライブが開けるような状況であればいいのだが。

CY8ER「夢を叶えて解散します!」10年にわたるアイドル大河ドラマ――覆しようがないと思われた現実を覆した物語(ビルボードジャパン)

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/90242/2

CY8ERのことをよく知らない人の為に、まずその生い立ちについて記そう。このグループの発起人であり、メンバー兼プロデューサーでもある苺りなはむ。彼女は元々2011年にデビューした異端児アイドルグループ・BiS(1期)のオリジナルメンバーだった。》

《その後、りなはむは「渋谷と秋葉原を繋ぐアイドルグループを作りたい」とアキシブprojectを発足。新たなスタートを切るのだが、メンバーが次々と脱退してしまったり、結成から1年経ってもCDデビューが出来なかったり、代表メンバーでありながらステージに選抜されなかったりと大苦戦を強いられ、最終的に卒業することになってしまう。一方、彼女の古巣であるBiSはセンセーショナルな活動を畳み掛けながら、エイベックスからメジャーデビュー。目標として掲げていた会場でのライブも次々実現し、アイドル戦国時代の寵児としてブレイクを果たしていた。》

《ふたつのアイドルグループを離脱していたこともあり、当時のりなはむの人気は低迷。BiS時代の恩恵として「nerve」頼りのライブをしたり、でもそれがダサいとうことも理解しており、完全に追い込まれた状態であった。しかし、前述の涙ながらに語った想いに嘘はなく“完全引退”を懸けたミッションは成功。2015年6月には、苺りなはむ×にかもきゅによる“ゆめかわいい”テーマのユニット“BPM15Q”結成(CY8ERの前身ユニット)。2016年12月には、のちに彼女の夢を叶えることになるCY8ERが結成される。》

CY8ERは、メンバーの来歴が、それぞれに興味深い。

CY8ERは、苺りなはむの夢に賛同した者たちによる個性派集団である。最初のメンバーは、小犬丸ぽち。その名の通り、小犬のように幼顔のキュートなビジュアルとキャラクターを持ちながら、POCHI名義でDJ活動もしており(かの【JAPAN EXPO】でプレイした経歴も!)、CY8ERとの音楽的親和性が高いメンバーでもある。2017年1月加入の第3のメンバーは、ましろ。以前はDEEP GIRLというアイドルグループでヘヴィなメッセージを歌唱していたが、CY8ERではそのセクシーなビジュアルとミステリアスなキャラクター、SHACHI名義でラッパーとしての才能を海外からも評価されるなど、唯一無二の存在感を放っている。》

《2017年5月に加入した病夢やみいは、その名の通りの内気で闇を抱いているイメージもあるものの、その身のタトゥーに裏打ちされたロックな精神性はパフォーマンスにも表れており、でも話してみると奥ゆかしい可愛らしさも持ち合わせているメンバーで、そのギャップのファンも多い。そんな彼女と同タイミングで加入した藤城アンナは、過激なパフォーマンスで一世風靡したBELLRING少女ハートの元メンバーでありながら、りなはむ同様に自身の理想のアイドル像を追い求め、CY8ERに辿り着いた苦労人。しかし、モデル級のビジュアルと相反して、歯に衣着せぬ愛らしいキャラクターの持ち主でもあり、グループのムードメイカー的な側面も。》

ここには書かれていないが、病夢やみいは、十代の時に音楽活動をしていたが、あきらめて就職し、三十歳になるまでショップ店員をしていて、三十歳になったことを期に活動再開を決意し、ミスiDというオーディションを受け、そこでCY8ERのメンバーに発見され、スカウトされて、加入することになる(「火曜TheNIGHT」からの情報)。CY8ERのメンバーは誰もが多様な前歴をもつ。

アキシブproject (Wikipediaより)

《2012年10月5日、TwinBox AKIHABARAのプレオープンイベントにて元BiSのりなはむ(横山利奈)が発起人となり「“渋谷と秋葉原を繋ぐアイドルグループ”、アキシブproject」を結成したことを発表》。

りなはむ/アキシブproject発足宣言(2012年)

https://www.youtube.com/watch?v=FVCUUp2QEio

BPM15Q (Wikipediaの「CY8ER」の項より)

《元BiS/アキシブprojectの苺りなはむと、にかもきゅにより、CY8ERの前身となる「BPM15Q」(ビーピーエムいちごキュー)を結成》

【MV】BPM15Q『はくちゅーむ』(2016年)

https://www.youtube.com/watch?v=1criFbeN9PA

CY8ERの解散ライブが、「CY8ERなりの横浜アリーナ at 日本武道館」というタイトルなのには、十年に渡っての物語というか、サブカルっぽい文脈がある。苺りなはむがオリジナルメンバーだったBiS(苺りなはむは早々に脱退したのだが)は、「武道館でのコンサートを実現して解散する」という目標の下に2010年に活動をはじめる。そして、掟破りなヤバいプロモーションを繰り返すことで順調に人気が増していったのだが、その「掟破りのヤバいプロモーション」が問題となり、武道館を使わせてもらえなくて、2014年の横浜アリーナでの解散ライブに「BiSなりの日本武道館」というタイトルをつけた。苺りなはむはこのコンサートにゲストで出演し、刺激を受け、ソロアイドルとして低迷していた彼女は、これをきっかけに奮起することになる。

《2014年9月、秋葉原を中心にソロアイドルとして活動していた彼女は“完全引退”を懸けたミッションに挑戦。「2015年1月15日(いちごの日)までにCD5000枚売り切れなかったら芸能活動完全引退。ツイッターやブログ等も終了」と背水の陣を組む。「BiSを卒業してから自分のなりたいアイドルを追いかけてみたけど、正直全然上手くいかなくて……。(…)そして今度は自分の力で大きいステージに立ちたいなって思います。BiSが立てなかった武道館にりなはむが立ちたいです。りなの力で絶対に行きます」》

この目標を、セルフプロデュース(自主運営)のCY8ERによって来年実現する。なので、「BiSなりの日本武道館at横浜アリーナ」に対する、「CY8ERなりの横浜アリーナ at 日本武道館」となる。ただ、とはいえ来年の一月という時期は微妙なので、今の状況ではもうこれ以上は持ちこたえられないから、ある程度強引だけど、ここで物語を終わりにする、ということかもしれない、とも思ってしまう。

CY8ER「 伝えたいこと 」

https://www.youtube.com/watch?v=0CGEgqWF8uA&t=3543s